ホーム > リースのメリット

リースのメリット

メリット
初期負担の軽減

費用の平準化が図れ、初期負担を軽減することができます。

減価償却など設備投資による初期負担をリースにより平準化させることで適正な損益の計上が可能になります。

メリット
資金調達の多様化

資金調達の多様化が図れます。

金融機関からの借入による購入も、リースも、物件を使用するという点では全く変わりありません。リース利用によって、実質上設備投資について借入したのと同じ効果が得られます。しかも金融機関からの借入枠は温存されることになり、資金調達力に余裕ができます。

メリット
コストの把握

コストを正確に把握できます。

リース料の支払は通常、毎月一定額ですから、コスト意識を高めることができます。

メリット
事務の合理化

事務の合理化が図れます。

リースを利用することにより、減価償却計算、固定資産税の申告納付、損害保険の付保管理、資産処分手続きが省略でき、管理事務の合理化が図れます。

メリット
金利変動リスクの回避

金利変動リスクが回避できます。

リース料は期間中固定ですので、金利変動リスクが回避されます。